援交や性行為を目的としたインターネットでの出会いは避けましょう

援交言うと言葉が柔らかい感じになってはいますがただの売春のことでそれと何ら変わりはありません。
売春というのはからだを許す代わりにお金を受け取るというものです。
当然、良いことではありません。
援助交際の相手が未成年であった場合、その男性の人生は台無しになります。
例えば援助交際の相手が近所の未成年であった場合には、もうその土地の近所に住むことも出来ないでしょう。

援助交際のきっかけは現代ではインターネットで生まれることが多いです。
そう考えると、そもそも未成年が出会い系サイトや援交掲示板などを利用できているということが問題なのです。
出会い系サイトに登録するためには年齢認証が義務付けられていますよね?
ただ、優良サイトもあればそうでないサイトもありますので、その管理が甘かったり放置したりと言うケースもあるのでしょう。
悪徳業者もたくさんいるでしょう。

本当に女の子と会えるサイトを利用した援助交際、未成年との出会いというのは掲示板から始まることが多いと言われています。
掲示板に援助交際をしたい旨を書くわけです。
隠語を使うことも多いようですね。
実は、援助交際という言葉も元々、売春の隠語なのです。
隠語と言うくらいですので、パッと見て何のことか分からないくらい言葉なのかと思いきや分かりやすい言葉も多いです。
もちろん援助交際という隠語もそうです。
掲示板利用者であれば誰でもわかるような言葉であり、隠語とは言えない言葉が多いようです。

出会い系サイトの掲示板というのは、特定の機関でのチェックが厳しくあることが多いそうです。
ですので、例え隠語だとしても、証拠を残し、援助交際を続けると、簡単に捕まると思うんですよね。
捕まらずにずっと未成年の女の子と援助交際を続けている悪い奴もいるのでしょうか?
とにかくそういった援助交際はすべてなくなって欲しいですね。
未成年だとは知らずにやり取りを続けて、会うことが出来たら未成年だったというケースもあるでしょう。
万が一未成年と知らずに未成年が来た場合は適切な対応をして欲しいですね。
結構そういうケースあると思うんです。
インターネットの場合。
まぁ、個人的には相手が成人しているからOKとも思わないのですがね。
風俗ならまだしも、インターネットで出会った相手と援助交際をするというのは事件に繋がりかねません。

援助交際や性行為を目的としたインターネットでの出会いに関して否定的な理由は倫理的なことだけではありません。
大きな損害を受ける可能性もあるのです。
いわゆる美人局の被害です。

美人局とは、若いお姉ちゃんとセックスが出来ると思ってノコノコとホテルに行って、本当にセックスが出来たと思ったら怖い兄ちゃんが出てきて大金を取られたというような詐欺被害のことですね。
『わしの女に何するねん!』といったやつですね。
援助交際をした男性からすると、家族に言う!会社に言う!と言われると多少のお金は払います。
あるサイトで見たのですが、元々は夫婦が共謀し行う恐喝または詐欺行為のことみたいですね。
夫婦でそんなことをするなんて怖いですね。
今の時代では考えられないことかもしれませんが。
とにかくそういった美人局の被害に遭わないためにも援助交際や性行為を目的としたインターネットでの出会いは避けたほうが良いと思います。